NIPTについての情報が満載です!

こちらのサイトは、新型出生前診断であるNIPTのことを調べられるサイトです。
他の手法と比べた場合の違いや、比較の過程で各検査方法の特徴などを解説しているので、広く出生前診断のことを知ることができます。
選ぶ方法によって結果は異なりますし、利用する前に知っておかなければならない情報も多いので、調べたいという方はこちらのサイトを通じて情報を仕入れてはどうでしょうか。
記事タイトルで内容がわかりやすいので、知りたい部分だけ読むことも可能です。

NIPTと他の手法を比較してみましょう!

NIPTと他の手法を比較してみましょう! NIPTは血液を採取して行う比較的検査です。
非確定検査の手法にはマイクロスコープによる検査や、同じように血液を採取する母体血清マーカー検査などがあります。
いずれも母体への負担が小さいのが利点の検査方法ですが、NIPTはこれらと比較して精度が高くなっています。
超音波検査は採血と合わせてコンバインド検査というものが行われますが、この制度は83パーセントで、母体血清マーカー検査は80パーセントです。
それに比べてNIPTは非確定検査でありながら制度は99パーセントと高く、新しい負担の小さな制度の高い検査方法として注目を集めています。
もちろん確定検査ではないので、陽性反応が出た場合は別途確定診断を受ける必要があります。

従来の検査方法とNIPTを比較すると何が違うのか

従来の検査方法とNIPTを比較すると何が違うのか 新型出生前診断(NIPT)を従来の非確定的検査と比較すると、精度に優れているという特徴があげられます。
NIPT以前に一般に使われていたのは、母体血清マーカーやコンバインド検査といった非確定的検査と呼ばれるものでした。
それらの検査方法では感度は80%程度しかありませんでしたが、NIPTの感度は99%と非常に高くなっています。
これにより乳児の染色体疾患を正確に発見することが可能になりました。
またNIPTには、流産や死産のリスクがないというメリットもあります。
羊水検査や絨毛検査などの確定的な検査では、100分の1程度の確率で流産や死産が起こるリスクが存在していました。
一方新型出生前診断では採血だけで調べることが可能となっており、流産などのリスクがなく安全性が高いのが特徴です。
妊娠してから早い時期にチェックできるのもこの検査法ならではの利点と言えるでしょう。
母体血清マーカーなどの非確定的検査では、妊娠後11週が過ぎていないと受けることができませんでした。
ところがNIPTでは妊娠10週ごろから調べることができますから、乳児の状態をいち早く知ることができます。
このように利点の多い診断法ですが、必ずしも確定結果というわけではない点には注意が必要です。
判定保留が続いた場合には、さらに別の検査を行うことがあります。

どこで受けることができる?

新型出生前診断(NIPT)は、妊娠の10週後の任意の期間に行うことができるスクリーニング検査です。
一般的な染色体疾患と性染色体を同時にスクリーニングすることが可能で、性染色体を検査する場合は赤ちゃんの性別を知ることができる検査となります。
この検査は採血した血液を利用して検査する特徴を持つため、流産や死産のリスクがないことや、妊娠10週という早期に検査が行えるため、その後の選択肢の幅を広げることが出来ます。
では実際にNIPTはどこで受けることができるというと、認定医療機関で受けることが可能で全国で80医院以上対応していることから、利用者のお近くのクリニックで採血を行うことでスムーズに済ませることができるようになっています。
日本産科婦人科学会の指針では、基本的に35歳以上の妊婦が可能となり、35歳未満の場合は受けることが出来ないので妊娠時期が35歳になるまで待つといった選択をされる方も少なくありません。

NIPTを受けてみると偽陽性だったときどうする

NIPT(新型出生前診断)を受けることの目的は、出生前に21トリソミー(ダウン症)や18トリソミーなど染色体異常を確認することにあります。
検査結果は基本的に陽性か陰性かのいずれかで出てきます。
この段階ではあくまで、高リスクであることが確率的に明らかになっただけで、羊水検査などの確定診断のための二次的検査をうける必要があります。
しかしNIPTの段階では陽性と判定が出ても、確定的検査の結果染色体異常は発見されなかったという最終判断があ出ることがあるわけです。
このような現象を偽陽性と言います。
偽陽性だったと結果的に明らかになるのは、陽性と判断された被験者の5%ほどと見られています。
また類似した事象に「判断保留」という検査結果がでることもあるます。
これは母体の方が薬物を長期間服用していたり、血液中の胎児由来のDNAが少なく判断に迷った場合に遭遇するそう。
あくまでNIPTの後の確定検査までは結論をだすのは早いということです。

NIPTで陰性と出ても陽性になることはあるのか

NIPTを受けた場合、数週間ほどすると陽性かどうかが判明します。
陽性は胎児がダウン症候群か、18トリソミー、13トリソミーのいずれかである場合に結果として示されており、陰性は染色体異常の可能性がない場合に示されます。
NIPTの場合精度が大変高く、陽性的中率は80%を超えます。
ですがあくまで診断ではなくスクリーニング検査という位置づけになっているので、偽陽性となることもあります。
そのため陰性の場合であっても必ずしも染色体に異常がなかったとは言えません。
NIPTは非確定的検査の一つであるので、しっかりと調べるには羊水検査や絨毛検査で診断を確定させる必要があります。
またNIPTはあくまでダウン症候群と18番、13番の染色体の異常があるかどうかを調べることができる検査であり、そのほかの染色体の疾患や先天性疾患などは対象になっていません。
少しでも疑わしい場合がある時はより精度の高い確定診断を行う必要があります。

胎児の染色体検査「NIPT」の特徴とメリット

NIPTは新型出生前診断のことで、羊水検査では300分の1、繊毛検査では100分の1の流産などのリスクがありますが、お母さんの腕から採血した血液を調べる、流産リスクがない安全な検査です。
血液中に含まれる胎児の染色体のかけらを採血採取することによって、胎児の染色体異常の有無を調べることができます。
ダウン症や18トリソミー・13トリソミーなどの一般的な疾患や、微小欠乏症などの検査をすることができ、検査をする際に赤ちゃんの性別を知ることが可能です。
「疾患あり」「疾患なし」がはっきりわかる確定診断が可能な検査ではありませんが、疾患を有する可能性が高いか低いかを判定します。
NIPTは妊娠10週0日目から検査が可能で、赤ちゃんの状態をより早く知ることができます。
血液を採取するだけの短時間で検査を終えることが可能で、母体にリスクを負うことなく精度の高い検査を受けることができ、検査後のお母さんの安心感も得られます。

NIPT件数は日本医師会でも注目されている

晩婚の男女が増え、それに伴い高齢出産をする女性も増えています。
医学の発達により、出産前の異常や出産による危険は回避できることも多くなりましたが、それでも高齢出産は妊娠中の異常が出やすいので注意が必要です。
なのでそうしたリスクをあらかじめ理解し、出産の判断にも必要となってくるのがNIPTです。
NIPTを行うことによって出産する前に胎児の異常に気が付くことができたり、それによって今後どうするかを早いうちから検討することができます。
こうしたNIPTの件数は高齢出産が増えるにつれて連動して増えてきており、日本医師会でも把握しています。
どれくらいの件数があったかという結果は今後の研究にも活かされますし、これから妊娠する人たちにとっても興味深い記録になっていくでしょう。
出産前に良い面も悪い面も色々知れるということはメリット、デメリットがありますが、選択肢がいくつもあるということで救いになるということもあるでしょう。

NIPTは妊娠周期関係なく受けることが可能

NIPTはNoninvasive prenatal genetic testingの略称で、無侵襲的出生前遺伝学的検査を意味します。
従来の出生前診断とは区別をしており、新型出生前診断と呼ばれています。
このNIPTは、妊娠の10週後の任意の期間に行うことが可能なスクリーニング検査であって、一般的なダウン症や18トリソミー、13トリソミーといった染色体疾患、その他の染色体疾患や性染色体、微小欠失症などを検査することが可能です。
このNIPTの特徴として挙げられるのが、妊娠10週0日以降であれば妊娠周期は関係なく検査可能なことです。
いつまで受けなければいけないといった決まりはありませんが、15週ごろまでの検査をおすすめしています。
確定検査では母体に細い針を刺す必要があり、流産や早産、死産や出血のリスクがありましたが、この検査は母体から採血した血液のみを使用するので、母子ともに安全に行うことが出来ます。
そして検査精度が高いので、妊婦の方の検査後の安心感が違うといわれています。

NIPTの採血はどこからとってどのくらいの量必要なのか

NIPTは母体から採血をし、その血液に含まれている胎児のDNA断片を分析する検査です。
特定の染色体疾患について調べることが可能であり、従来の非確定的検査と比べて精度が高いのがメリットになります。
さらにNIPTは採血をするのみであるので、羊水や絨毛を採取するのに比べると流産や死産のリスクがなく安全に行える特徴があります。
NIPTは妊娠9週から10週以降に検査をすることが可能です。
1回の採る血液量は約10mlであり、決して多くはありません。
結果も2週間程度で判明します。
ですがこのNIPT検査は非確定的検査であり、スクリーニング検査の意味合いも強いため、正式な検査結果を知りたい場合は確定的検査を行う必要があります。
また21番、18番、13番の3つの染色体疾患の有無を知ることができますが、そのほかの染色体疾患については結果として現れてきません。
血液を採るだけであるので精神や肉体的な負担はありませんが、偽陰性となることもあり100%正しい結果はでないので注意が必要です。

出生前診断は保険適用ではない事を把握しておく

妊娠して子供を出産する際に、産婦人科で定期的な検査は重要となります。子供が健康的に成長しているかどうかだけでなく、母体となる母親の体調などもしっかり把握した上で出産を迎える事が大切です。
妊娠した際に事前に利用できる検査は多くありますが、遺伝子検査として出生前診断を希望する夫婦も多くいます。
遺伝子検査によって赤ちゃんお健康状態だけでなく形態異常などをチェックする事が可能です。妊娠した際の治療や検査によっては保険適用されている事は多くありますが、出生前診断の場合は保険適用外という点を把握しておく事がポイントになります。
妊婦の方が利用できる補助券なども利用も出来ないので、検査をする際は全て自費負担となります。生前前検査自体は必ず行わなくてはいけない検査ではないので、費用は自費負担になる検査の1つなのが特徴です。
事前に遺伝子検査を行う場合は、費用面もしっかり考慮した上で利用する事がポイントといえます。

出生前診断を受けるには専門としている大きな病院です

今や高齢出産が多く、そのため生まれてくる赤ちゃんに遺伝的な異常の有無を調べる出生前診断が多くの病院で行われています。
この出生前診断は検査する器機や専門とする医師が常駐している医療機関になりますから、大きな病院ということになります。
そのような病院は限られていますので、必要であれば最寄りの産婦人科で調べてもらえます。自分の赤ちゃんのことが気になる人が少なくないです。
保険は適用されず、また仕事を持っている人であれば仕事を一時的に休む必要も出てきます。薬を使ったりするなどの副作用で苦しいこともあります。
これらのことを念頭に置いて受ける覚悟は必要とします。生まれてくる子に対してどうしても知りたい、と言った母親の心情を表していると言っていいでしょう。
昔と違って診断の技術は飛躍的に進歩してしますから、遺伝子結果は信憑性があると言っていいです。その結果を基にして医師や家族らで相談していきながら、生むか生まないかを決めます。

出生前診断には良いことばかりでなくデメリットもあるので注意が必要

出生前診断は子供が生まれてくる前の胎児の状態を、エコーを始めとする様々な機器を利用して把握することです。先天疾患や形態・染色体異常などを理解することができ、それに伴う予防や治療などをすることができる良いことが多くなります。
そのため大抵は出生前診断を綿密に行うことは、家族の覚悟や安心を得ることにも繋がるのが良かったりします。ところが出生前診断にはデメリットがあり、様々な機器を用いた検査では把握しきれない場合や見落としがあることです。
胎児には別段問題がないと診断されていても、生まれて来て初めて解り愕然としてしまうこともよくあります。現在はその精密度は医学の進歩があるのでアップしているのは事実ですが、必ずしも絶対的な信じても良いレベルにはないです。
他にも診断を受けるタイミングの問題もあり、時間の経過とともに違った診断結果になってしまう可能性も否定できないのも大きなデメリットと言えます。
他にも出生前診断を繰り返し行うことは、それだけ費用の負担も生じてしまう点もあります。

出生前診断を利用する上で把握しておくべきトラブル

妊娠して子供を望む夫婦はとても多くいますが、実際に妊娠した際にまず子供の状態を確認したいと希望するケースは増えてきています。
確認する方法や検査自体もいくつか種類がありますが、その中の1つとして出生前診断があります。検査内容としては遺伝子検査であり、病気などを事前に把握する事が可能です。
実際に検査することでダウン症かどうかが把握する事ができ、それに伴い夫婦が妊娠を継続するかどうかを考える事に繋がります。
実際に出生前診断によってダウン症だと分かった際に、出産自体を諦める決断をする場合もあります。
ただしトラブルになるケースに夫婦でしっかり話し合いを行っていないという点があり、検査結果によっては出産するか中絶をするかで喧嘩してしまう事が多いです。
特に女性の場合はお腹に命を宿しているからこそ出産を望む事が多いですが、出産後の事を考えて家族や夫から中絶を進められるという場合もあります。もちろんその逆もあり、話し合うがまとまらずに夫婦仲が悪くなる原因になる事もあります。

出生前診断の倫理的問題について考えるべき

妊娠したので出生前診断を受けようと考えている方が多くいると思われます。母親から採血した血液から、胎児の染色体異常を見つけることができる検査です。
母体や胎児への影響がなく安全性が高いため、出生前診断を受ける人が多くなっています。ただ、倫理的問題が発生する可能性があることに気をつけなければいけません。
健康な赤ちゃんであれば問題ないのですが、染色体異常が見つかった場合はダウン症の赤ちゃんが生まれてくる可能性が高いです。
健康な赤ちゃんでないとダメだと考えて、簡単に中絶してしまうケースがあることが問題になっています。
出生前診断はあくまでも胎児の状態をチェックするもので、染色体異常が見つかったからといって中絶を肯定するものではないです。
サポートしてくれる人が周りにいないなど特別な事情がある方は仕方ありませんが、特に事情がないのに中絶する選択は絶対に避けるべきです。苦労することはありますが、ダウン症でも普通に生活できています。

NIPTの参考サイト

NIPTで解決します